2017年4月28日金曜日

MOTOMORINIの車両が日本にやってきたぞ!編

“イタリアン・ハンドメイドモーターサイクル” MOTOMORINIの大人の魅力を
皆様にも、お伝え出来ましたらと思って…始めましたブログの3回目!







MOTOMORINI  が、どんな状態で…イタリアの工場から~日本まで、どのように
運ばれて来ているのか?などをご紹介をさせて頂きます。






イタリアトのリヴォルツィオにある工場から、出荷される時には木枠に組まれて
コンテナに乗せられて、船便で日本へ向けて出荷をされます。






イタリアの工場で出荷を待つ、MOTOMORINI SCRAMBLER






 
日本の輸入元ピーシーアイの倉庫には、このように到着します。

 
 
外箱になるダンボールには、いろいろ注意書きが書かれています。
イタリア語なんですが(笑)イラストで大体解ります♪

 



反対側には、大きくMOTOMORINIのロゴが入っています!カッコイイ(笑)




上蓋部分を開けると傷防止の為にいろいろと巻いてあります。
鮮やかなイタリアンカラーの車両が見えてきました。



イタリアで組み立てられた車両は、出荷検査完了後に細心の注意を払って
丁寧に梱包をされ、日本に向けて出荷をされております。


 
おおよそ1ヶ月半~2ヶ月の船旅を楽しんで(笑)日本へやってくる…
とっても優雅な(笑)“高級ブランド”MOTOMORINIなんです。





ヨーロッパでも大人気のGRANPASSO メーカーの海外営業(日本)担当の
リカルドさんもこの車両を自ら購入し、毎日通勤に使っている!と言っていました。




車種によっては、フロントタイヤが外れた状態で日本に到着を致します。
日本で開梱、PDIと同時に組立てをして、出荷準備になります。





イタリアンブランドらしく、タイヤももちろん“ミシュランタイヤ”です。










このような場所で“イタリアンハンドメイド”MOTOMORINIは作られています。









次回に続く…